ダイソーのスープカップは50種以上の品揃え!全部写真撮ってきたよ

ママ
ママ
あら?パパがオシャレな食器を買ってくるなんて珍しいわね?
フッフッフ!食器にこだわれば、お料理が簡単に美味しくなることに気づいたのさ!
パパ
パパ
ママ
ママ
今まで「100均で充分だ!」って言ってたパパが食器に高いお金を払うなんてビックリよ!
高いお金?いやいや、このオシャレなスープカップはダイソーに100円で売ってたんだよ!
パパ
パパ

 

こんにちは!「食器は割れない物を!安く!できればもらいたい!」という、女性にモテない要素が漂うリサッチです。

一人暮らしをしていた頃の話ですが、私が食器を選ぶ基準は、「割れると余計なお金がかかる」「一人だから食器なんて誰も見ていない」という寂しい理由だけで、デザインを軽視したプラスチック製の「割れない安い食器」ばかり買っていました。

だけど、子供ができてからはアウトドア向けの時短料理の練習をするようになり、人に食べてもらう立場に立ってみると、私もようやくですが、食器で食卓の雰囲気が大きく変わる事に気づいてきたんですよね。

なので今回はダイソーに行って、他の記事で紹介した「ボリューミーな手抜きスープ」をさらに美味しく見せる「スープカップ」を探しに行ってきました。

 

パパ
パパ
私が学生の頃に100円でこんなオシャレなスープカップは買えなかったぞ!

 

さっそく食器売り場を見に行ったところ、大型店だからか品揃えが凄くて「コレはママにも見せてあげよう!」と写真を撮りながらスープカップを全種類見てみることに。。。

ということで、今回の記事ではその時にチェックしたダイソーのスープカップについてアレコレ紹介していきたいと思います。

私も陶器風でオシャレなスープカップを買って帰りましたが、本当にダイソーのスープカップは種類が多いのできっと皆さんも100円でお気に入りのスープカップが見つけられると思いますよ!

それではどうぞ!

 

 

ダイソーに売っていたスープカップを全部紹介

まずは、ダイソーに売っていたスープカップの種類の多さが伝わるように、私が撮ってきた売り場の写真を見て頂きたいと思います。

ただ、ダイソーでは、食器の材質や用途によってコーナーが設けてあり、1枚の写真におさめる事ができませんでしたので、下記の「スープカップのカテゴリー」別に撮った写真でご紹介していきますね!

◆スープカップのカテゴリー◆

  • 陶器タイプ(シンプル無地)
  • 陶器タイプ(カラー無地)
  • 陶器タイプ(柄入り)
  • 電子レンジ対応
  • プラスチック製
  • セット売りタイプ
  • イニシャルカップ
  • アウトドア向け
  • 100円除外&キャラクター物
パパ
パパ
「陶器タイプ」から「100円除外&キャラクター物」まで写真付きで順番に紹介していくよ!

陶器タイプ(シンプル無地)

やはり陶器タイプのスープカップの種類が一番多かったですね。

正直、ダイソーにはこの陶器の白いスープカップがいくつかある程度の品揃えと思っていましたが、以下に紹介しているように、色の付いたスープカップや柄入りの種類も豊富なのには驚きましたね!

陶器タイプ(カラー無地)

色が付いた陶器のスープカップも種類が豊富で、光沢のないマッドな材質の物もありましたよ!

 

陶器タイプ(柄入り)

陶器で柄入りのスープカップの種類は少なめでしたが、他のお店で買う事を考えれば、100均でこのクオリティーは驚きです。

 

電子レンジ対応

実は電子レンジ対応のスープカップや、食洗器対応のスープカップは他にもあるのですが、商品の目立つところに「電子レンジ対応」と書かれている商品をピックアップしました!

 

プラスチック製

同じ100円ならプラスチックよりも陶器の方がお得な気がしますが、個人的にはプラスチック製でオシャレなスープカップには強く目を奪われましたね!

実際に今回私が買って(この記事の後半で)レビューをしているスープカップも「割れない!オシャレ!安い!」の3拍子が揃ったこのプラスチック製の商品です。

 

セット売りタイプ

こちらの「セット商品」はお花見やバーベキューの時などに便利そうですよね!

あと、子供が多いお家やホームパーティーをする事が多いお家の人達に喜ばれそうですね!

 

イニシャルカップ

シンプルで人気のイニシャルカップの品揃えも豊富でしたよ!

店頭にお目当てのイニシャルのスープカップが無い場合は諦めずに店員さんに聞いてみましょう!

 

アウトドア向け

食器コーナー以外にもアウトドア用品などが売っている行楽コーナーにもスープカップが売っていました。

シェラカップやクッカー(コッヘル)なども、アウトドアではスープカップとして使う事ができますね!

 

100円除外&キャラクター物

キャラクター物はディズニーのミッキーがデザインされたスープカップがありました。

価格は150円~200円と100円除外品となっていましたね。

スープカップの取っ手が左右の両側に付いている商品や、少し大きめのサイズの商品も150円や200円といった100円除外品になっていました。

 

 

ダイソー以外で買うと?相場をチェックした

ダイソーで一目惚れした100円スープカップを買って、ウキウキ気分で帰っていた私ですが、帰り道の途中で「ダイソーの100円スープカップは他のお店と比べても本当にお得なのだろうか?」という疑問がわいてきました。

 

ママ
ママ
たしかに!他のお店でも100円でオシャレなスープカップが買えるのかしら?

 

私は冒頭でお伝えした通り、食器に100円以上のお金をかけた経験がないのでスープカップの価格相場というものを知らなかったんですよね。

なので、イオンの生活雑貨コーナーに立ち寄ったり、ネットを使ってスープカップの価格相場をリサーチしたところ、以下のような価格で売られていました。

 

 ◆スープカップの価格相場◆

お店価格(税込)
無印良品 約660円~990円
イオン約330円~440円
イケア約400円
amazon
単品購入可
約850円~
amazon
あわせ買い(※)
約440円~

 

チェックポイント!
amazonの「あわせ買い対象商品」は単品では買えない商品です。
1度の注文で対象商品2000円以上のお買い物が必要です。

 

ママ
ママ
一番安くても330円でダイソーの約3倍くらいのお値段になるのね。

 

上記の価格相場を見ると、ダイソーのスープカップはオシャレな柄付きやディズニーなどのキャラクター物、プラスチック製、陶器製といった材質や柄をイロイロ選べるのに100円(一部150円~200円)というのはかなりお得だと思いますね。

 

 

買ってきたスープカップをレビューしてみる

まずは、今回ダイソーで買ってきたスープカップの100円で大満足のクオリティー具合をお伝えするために、既に持っている陶器のスープ皿と並べて写真を撮ってみました。

ダイソーの100円スープカップは取っ手がついている赤い方で、落としても割れないプラスチック製なのですが、「写真では陶器の食器と区別がつかないくらいクオリティーの高いデザインだな!」と個人的に大満足をしております。

 

ママ
ママ
ホントだ!画像じゃ区別がつかないわね!ただ、陶器のスープカップも100円ならプラスチック製の方が損をしてそうよね?

 

よーく考えたら、同じ100円ならプラスチック製のスープカップより陶器タイプの方がお得なんですが、私の場合はアウトドアでも使う事を想定していて、「割れない、軽い、だけどオシャレ」という基準で選んでみたんですよね!

 

ママ
ママ
なるほど!あと、小さい子供がいるお家の人達にとってもプラスチック製でカワイイスープカップは喜ばれそうね!

 

ダイソーは100円でイロイロ選べるので、事実上損をしているのかも知れないけど、安いので気兼ねなく自分の一番気に入ったスープカップを選ぶ事ができるのも嬉しいですよね!

 

ということで、さっそく手抜きアウトドア料理の実験として、ダイソーで買ってきたレトルトスープ(クラムチャウダー)にペンネを入れた具沢山スープを、100円スープカップに入れて食べてみました!

やはり陶器のスープカップに比べて触り心地は劣りますが、プラスチック製だからといって特に味の邪魔をすることもなく、見た目が楽しめるようになってより美味しくスープが飲めるようになり大満足の結果となりました!

 

あわせて読みたい

 

 

スープカップの種類の豊富さに時の流れを感じた一日

今回の記事ではダイソーに売っていたスープカップについて、見た目のデザインや、材質、他の店舗との価格差などについて掘り下げてご紹介してきました。

 

パパ
パパ
私が一人暮らしをしていた頃に比べて、100円均一ショップの食器が飛躍的に進化している事には本当に驚きましたね!

 

私の個人的な感想としては、これだけの種類があれば、子供用、大人用、男女、アウトドア問わず、誰でもお気に入りのスープカップが見つけられると思いますので、是非ダイソーに行った時にはスープカップの売り場をのぞいてみてください!

また、他にもダイソーの商品について実際に買って試してみたり、レトルト食品について掘り下げて調べてみた記事などもありますので、よかったらお買い物の参考にしてみてくださいね!

 

あわせて読みたい




これからもドンドン記事を増やしていきますので、またブログに遊びに来てくださいね!

それではまた!