お花見が雨の場合の対策を徹底網羅!これで雨っぽくても心配なし

数年前から夫婦で一緒にお花見のプランを立てる、お花見幹事のような事をするようになって気づいたのですが、

お花見の時期って、なぜか雨予報がチラホラ顔を出すんですよね。

なので、最近はお花見当日に雨が降った場合でも、楽しい一日になるように事前に色々なリサーチをして綿密な計画を立てるようになってきました。

 

そこで、今回は私の経験をもとに、日本全国のお花見幹事さん誰でも活用できるような

 

  • 「雨の場合のお花見プランの立て方」

をご紹介していきたいと思います。

ご紹介する中には、

 

  • 日本全国のお花見幹事さんが知っておきたい無敵なお花見プラン

も登場するので、楽しみながら目を通してみてくださいね。

 

 

お花見当日までもお花見だ!

雨の日のプランの立て方

 

まずは、週間天気予報とかの情報が出る前に、

 

当日と前日の雨の度合いによって、お花見当時にどのようなプランにするのかを事前に考えて、みんなで決めておきましょう。

 

これを決めておけば、参加する皆が天候に関わらず、お花見当日までの時間も楽しむ事ができますので、お花見幹事さんとしてもググッと評価が上がり、参加者のかたにも喜んでもらえますよね。

 

では、さっそく雨の日プランを一緒に立てていきましょう!

 

お花見当日が雨の場合の選択肢を見ておく

お花見当日が雨の場合の私達の選択肢としては大きく分けて5つに分けられます。

  1. 一度桜だけ見に行って後に別プラン(弁当ある、なし)
  2. 雨天決行(弁当ある、なし)
  3. 別プラン(弁当ある、なし)
  4. 延期する
  5. 中止する

こうして選択肢を書き出してみると、幹事さんとしては頭がスッキリしますよね。

 

また、お花見当日が雨の日だったとしても、お花見というイベントをきっかけに、その1日を皆と楽しめるプランは多いし、

 

事前に各プランへの変更基準とかを決めておけば、それほど慌てる事もなく当日に一番楽しめるプランをスムーズに選択できそうですよね。

 

では、上記のプランを基に、一緒に一つずつ幹事さんとして考える事を整理していきましょう。

 

1.一度、桜だけ見に行って後に別プラン(弁当ある、なし)

 

雨でも喜ばれるプラン作り

 

特に、お花見幹事さんとして注目して欲しいプランが、1つ目に挙げた

 

  • 「一度、桜だけ見に行って後に別プラン」

 

で、これ提案できるのと、そうでないとでは皆のお花見イベントに対する満足度は大きく変わってくると思いますよ。

 

このプランを皆に事前に提案しておくだけで、お花見当日までの皆のモチベーションダウンを軽減する事ができますね。

 

私も妻にこのプランの提案をした時は、妻も

 

  • なるほどー!雨の中どっしりシート広げて、お弁当広げてって考えると憂鬱だけど、
  • 桜を見ながら一杯やるだけだったら、
  • まあまあな雨でも傘と長靴はいていけばできそうだもんね!

 

  • 最終的にホームパーティーのプランに落ち着くとしても、
  • 桜を一度見たと見てないとでは、気分は違ってくるよね!
  • そもそも、桜を見ないで飲み中心の人も多いわけだし!笑

 

と、プランを立てただけでも、なんだか楽しそうにしてくれました。

 

では、このプランをどういった場面で採用すると良いかをお話していきたいと思います。

 

桜チョロ見プランはどういった場面で活躍するの?

 

この桜チョロ見プラン(一度、桜だけ見に行って後に別プラン)が活躍する場面は、

 

  • お花見当日に落ち着いてシートひいて、お弁当を広げるのが不安な天候の時

 

です。

 

具体的には、

 

  • お花見の前日から雨が降り続いている場合
  • 当日、小降りとは言えない雨が降り続きそうな場合
  • 仕込んでおいたお弁当を無駄にしたくない場合
  • なおかつ、予定日の延期ができない場合

 

こういった場合に「一度、桜だけ見に行って後に別プラン」は活躍します。

以下にもう少し詳しくチェックポイントを解説していきますね。

 

  • 前日の天候と現地の地面にも注意

 

幹事さんとしては、お花見当日の天候はもちろんなのですが、前日の天候にも注意が必要です。

 

具体的には、

 

  • 前日から雨が降り続いていて、お花見会場の地面がぬかるんでしまう。

 

という事もあり得るからですね。

 

当日の天気がやや回復気味だったとしても、

 

  • 地面がベチャベチャでとても落ち着いてお花見を楽しめる雰囲気ではない。

 

という場合も考えられます。

 

これは、お花見の会場の地面によって判断は異なってくる事になりますが、幹事さんとしては、こうした、お花見前日の天候についても留意しながらプランを考えられていると、参加者のかたも心強く、

 

また、そういった場面で「一度、桜だけ見に行って後に別プラン」を準備しておけば、

 

当日は、大掛かりな荷物は持たずに、お花見会場に簡単な食べ物と飲み物を持って(当日も小降りなどが続く場合は雨用の装い)をして一杯やった後に、別プランへ切り替える。

 

という事ができて、お花見というイベントを通して一日を皆で楽しく過ごす事ができますね。

 

また、当日、小降りとは言えない雨が降り続きそうな場合も同じように、大掛かりな荷物がなければ、少しの時間くらいは傘やレインコートで対応できるので、

 

桜を見ながら、持参した簡単なお弁当(おにぎりとか、一品程度)とお酒や飲み物で皆で楽しむ事ができますね。

 

あわせて読みたい

 

 

仕込んだお弁当を無駄にしたくない!

 

この「一度、桜だけ見に行って後に別プラン」であれば、雨天時にも仕込んでおいたお弁当を活かす事もできます。

 

例えば、前述したように、桜をチョロっとだけ見るプランでも、

 

  • おにぎりや一品程度のお弁当を持って行く事は可能です。

 

また、事前に、この「一度、桜だけ見に行って後に別プラン」を参加者のかたに伝えておけば、皆も天気予報とかを見ながら、各自で雨天時を想定してお弁当の準備とかを考える事もできます。

 

その他にも、

 

雨天時でもお弁当を活かせる事ができるのは、「一度、桜だけ見に行って後に別プラン」の

 

  • 別プランをホームパーティーにする
  • 別プランを持ち込み可のカラオケにする
  • 別プランを屋根付きの屋外施設(バーベキュー場)にする

 

などの方法もあります。

 

こちらの雨天時の別プランについては、また後で詳しく解説していきますが、

 

  • せっかく仕込んだお弁当を無駄にしたくない!

 

という参加者の気持ちに応えるためにも、雨天時でもお弁当を活かせるプランにスムーズに移せるようにして、皆で楽しいお花見にしていきましょう!

 

お花見の延期のリスクと限界について

 

ちなみに、幹事さんとして見落としがちで注意しておきたい事は、

 

 ・お花見延期のリスク

 

についてです。

天気が悪そうだから、花見を後日の延期する。という判断をするのは、気持ち的にトッテモ楽なのですが、

実際には、リスクも大きいですよね。。。

例えば、

 

  • 雨天という事は、桜は散る事になる。

という点ですね。

 

そもそも、お花見を設定する日というのは、桜のピーク時に近づけて設定されるのが一般的だと思います。

その日を延期するという事は、桜のピーク時を逃してしまう事になり、さらに雨天が理由となると、

 

  •  ピーク時を過ぎて、さらに雨が降って桜が散った状態

になってしまうという事です。

 

その他にも、

 

  • 予定日は参加者の人が調整してくれた大事な時間であること
  • 仕込んだお弁当の中には延期できない食材もあること

 

といった事も幹事さんとしては配慮したい所ですね。

 

自然を相手にしたイベントなので、完璧や予定通りとはいかないのですが、

参加者の気持ちも含めて考えながら、

 

  •  雨が降ったとしても楽しい1日になるプラン

という事を意識して、お花見のプランを考えていきたいですね。

 

それでは、次に、

 

  • 雨天決行(弁当ある、なし)

 

についてお話していきたいと思います。

 

雨でもモテるお花見を

 

と、その前に、

これは余談なのですが、私の独自の人間観察によって得た統計データでは、自然の中で遊べるモテるアウトドア男子の特徴として、雨の日のお花見のように、

 

  •  雨の日にしか見れない桜を楽しめる男

 

こういった男性はモテます。

というか、女性でもそうですね。

 

一般的には外で遊ぶ時の雨天というのは、ネガティブなイメージを持ってしまう傾向にありますが、その中で、

 

  •  雨の日にみんなで桜をゆっくり堪能する事の貴重さ、希少さを感じる事ができる感性
  • また、そうやって視点を変えてみんなを盛り上げようとする心意気

こういった事も含めてお花見を計画していくと、皆が雨天のお花見もポジティブにとらえられて、お花見当日までの計画も楽しめますね。

 

特に、お花見デートを考えている男子にとっては、雨天時の方が腕の見せ所が多く、自分の魅力を伝えるチャンスが多い事になるかもしれませんね。

それでは、本題に、

 

2.雨天決行(弁当ある、なし)

 

次にお話するのは、

 

  •  雨天でもお花見をするぞ!

という場合のお話をしていきたいと思います。

 

プランのコンセプトとしては、

 

  •  お花見当日に小降りの雨が続きそうな場合

を想定してプランを建てていくイメージでお話させて頂きますね。

 

このプランについて重要なポイントは、

 

  •  持ち物

になりまして、当ブログの別の記事に詳しく書かせて頂きましたので、お花見の雨天決行を計画されているかたは、下記のページを見ながらプランを立てるための参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい

 

 

それでは、次に、雨天の場合にお花見を諦めて、別のプランで当日を楽しい一日にするための方法を考えていきましょう。

 

3.別プラン(弁当ある、なし)

 

次にお話するのは、

 

  •  雨天の場合はお花見を中止して別プランにする

 

という場合のお話をしていきたいと思います。

プランのコンセプトとしては、

 

  •  雨の中を無理してお花見をするよりも他のプランで楽しんだ方が良さそう。
  •  当日の天候を心配するよりも前もって他のプランを準備しておきたい。

 

という場合を想定して事前に当日のプランを変更するための準備をしておくイメージでお話させて頂きますね。

 

このプランにおいても、2つの大きなポイントがあります。

それは、下記の2つです。

 

  •  お弁当を活かして他のプランにするのか?
  •  お弁当は無しで他のプランにするのか?

 

このどちらを選択するかによって、その後の他のプランの選択肢が大きく異なっていく事が分かりますね。

ただ、

 

  •  お弁当は無しで他のプランにするのか?

 

については、選択肢はほぼ無限に広がっていて、幹事さんと参加者さんの周囲の環境によって自由に選択できる事なので、この記事では、

 

  •  お弁当を活かして他のプランにする

 

ことについてお話していきますね。

 

 お弁当を持ち込む事ができる会場を探そう

 

悪天候が予想されるお花見にとって一番の悩みどころは、

 

  •  お弁当の準備

です。

 

なので、もし、お花見当日に

 

  •  雨でも、晴れでも、皆でお弁当を楽しめる場所が確保されている。

 

という事前準備が整っていれば、参加者の皆さんは悩まずにお弁当の仕込みや準備ができるので、とても喜ばれますね。

 

では、お花見会場が雨天で利用できない時でも、お弁当を皆で楽しめる会場にはどういった場所があるのでしょうか?

代表的な場所をご紹介していきたいと思います。

 

 

雨の日でも皆でお弁当を楽しめる場所リスト

 

  •  ホームパーティー
  •  持ち込み可のカラオケボックス
  •  屋根付きのバーベキュー場
  •  キャンプ場
  •  (少人数の場合)大きな屋根付き施設

 

上記のように、(お住まいの環境によって状況は異なりますが)多くはありませんが、急遽お花見が中止になっても、準備したお弁当を活かして皆で楽しむプランはいくつかありますね。

 

それでは、もう少し詳しく見て行きましょうね。

 

  •  実は雨が降っても晴れても大丈夫なお花見プランもある

 

上記のリストを見てもらうと気づかれると思いますが、最初のお花見会場の場所を選ぶ時に、

 

  • キャンプ場
  • 屋根付きのバーベキュー場

を選択した場合、よほどの悪天候でない限りは、雨が降っても晴れても、参加者の皆さんの事前準備は大きく変わらずに、不安なくお花見を計画する事ができます。

キャンプ場では、雨天時に雨をしのぐ道具の準備が必要ですが、

キャンプ場も、屋根付きのバーベキュー場も、そもそもが食材を持ち込んでいく場所なので、お弁当も飲み物も持ち込む事には何の問題もありませんね。

なので、この二つの会場は、かなりパーフェクトなお花見会場といえます。

 

ただ、

 

  • 会場費がかかる
  • 参加者の住んでる場所に左右される
  • アクセスに車が必要
  • 桜がある会場は人気が有り事前に予約が必要なので、急なプラン変更先としては向いていない

 

など、参加者の皆さん全員が上記の条件を全て了承してくれる事が少し難しいというデメリットもありますので、その点は参加者の皆さんの環境を考慮して計画をする必要がありますね。

 

 

  •  持ち込み可のカラオケボックスは確認事項とマナーに要注意

 

次に、お弁当を活かせる別プランとして

 

  •  持ち込み可のカラオケボックス

という候補についてです。

持ち込み可のカラオケボックスは決して多くはありませんが、全く無いという事もありませんので、別プランの候補として一度検討してみてもよいですね。

 

ただ、カラオケボックスとしては、当然なのですが、

 

  •  カラオケボックスはお弁当を食べるための個室ではない

 

という事がありますので、お弁当や飲み物を持ち込んで利用する場合には、

 

  •  利用するカラオケボックスのお店に充分な確認する事と、
  •  利用時の節度をわきまえる事

 

が強く求められる事になりますので、ご注意ください。

 

具体的には、

 

  • 持ち込み可だからといって、非常識な量のお弁当やお酒を持ち込まない。
  • 持ち込みによって発生したゴミなどを放置して帰らない。

など、自己責任でお店の迷惑にならない事に充分な注意を払う必要があります。

ルールを守っていれば何をしても良いという考えで利用する事は絶対に控えるようにしましょう。

 

事前にカラオケボックスへ確認したい項目としては、

 

  • 食品の持ち込みの可否
  • アルコール類、または飲料の持ち込みの可否
  • 人数の制限
  • 予約のキャンセル可否や期限について
  • 利用料金

などが考えられますね。

 

持ち込める物の確認や、ルールの確認についてはインターネットの情報だけでなく、必ずお店に電話をして確認をするように注意しましょう。

また、予約のキャンセル可否を確認する目的としては、

 

  • もし、お花見の当日の天候の予報が、急激に回復し当日の天気が良くなりそうな場合

 

が考えられるためです。

 

その場合、参加者の皆さんの気持ちとしては、カラオケボックスの予約のキャンセルをして予定通りのお花見会場で、お花見をした方が良いという話になる事が予想されます。

その際に、お店に迷惑がかからないように、予約のキャンセルがいつまで可能であるかなどは、充分に確認をした上で、カラオケボックスの予約をするといった、利用する側としての配慮が必要となります。

 

お店への確認や配慮が不十分だったために、当日になってトラブルが発生した場合、お店に迷惑がかかる事はもちろんですが、参加者の皆さんにも迷惑がかかってしまう事になりますので、

お店を利用する時は幹事として責任を持って充分な準備をする事を心がけましょう。

 

ホームパーティー

次にホームパーティーへの変更についてお話していきたいと思います。

ホームパーティーについては、会場とするお家の規模や環境によって無限に想定されますが、

今回は、幹事さんとして、ココだけは意識しておいた方が良いと思う

 

  • お金
  • 時間
  • 人数

 

についてお話していきたいと思います。

 

ホームパーティーのトラブルを防ぐ準備の仕方

ホームパーティーの準備の仕方については、当ブログの他の記事で詳しくご紹介していますので、下記の記事を参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい

上記の記事では、具体的に

 

  • 割り勘で後払いはトラブルの種になる
  • ホームパーティの金銭トラブル対策方法
  • 前払いの会費制について
  • ホームパーティーはお開きの時間が難しい
  • 人数に注意してプランを考えよう

上記のようなテーマでお話をさせて頂いています。

 

上記の記事に加えて、お花見についての補足をさせていただくと、

今回はお花見からホームパーティーへの変更なので、そもそも、お花見の参加者の皆さんが、ホームパーティーの会場提供者の家におさまるのか?が重要になってきますね。

 

お花見は通常は屋外で行われるので、人数が多い場合もありますからね。

その人数が1つのお家に集まった時に、会場提供者への負担が大きくならないか?

という事は、幹事さんとして意識しておく必要がありますね。

 

もしも、お花見の参加人数が多い場合には、ホームパーティー以外のプランを検討するか、参加者の人数を分けるのか?

こういった事も、週間天気予報よりもずっと前に検討して、想定おく必要がありそうですね。

 

4&5.延期のリスクと中止の前に考える事について

最後に、

 

  • お花見を延期する
  • お花見を中止する

場合についてお話していきたいと思います。

 

まず、延期については、前述しましたように、

お花見の予定日を延期する時には、

 

  • ピーク時を過ぎて、さらに雨が降って桜が散ってしまう事
  • 予定日は参加者の人が調整してくれた大事な時間である事

という事を意識するように幹事さんとして充分に配慮するように心がけましょう。

 

次に、お花見を中止する事についてです。

お花見は自然を相手にしたイベントなので、天候でどうしようもない点はいくつかありますが、

この中止については、私の希望としては、幹事さんとしてできる限り回避できるように、この記事で紹介させて頂いた、

 

  • 桜のチョロ見プランについて
  • そもそも、雨が降ってもお花見ができる会場について

 

上記の章でご紹介した箇所をもう一度思い出して(または、読み返して)頂いて、参加者の皆さんが「お花見」というイベントを当日まで安心して、楽しみに過ごしてもらえる事を願っています。